看護士
トップページ » 逝く人

逝く人


本当にお久しぶりになります。



色々と、相変わらずのバタバタでしたけども。。。
記事UPしたつもりでしたがww
たぶん、書いてて消してしまったかな。




父、、、養父ですが、、、

3月29日に亡くなりました。
86歳でした。




3月初旬に施設で車椅子に乗ったまま
自分の足を引っ掛けて転んで
大事をとって病院で診て貰ったら
脳内出血が少しあり
脳挫傷も少しとの診断で緊急入院しました。

当時はそれほど重大な事でもないような
ただ、年齢的に体力は心配な話はしていました。
出血もすぐ止まりましたし。。。

一旦、様子を見に帰って
心配して駆けつけた娘に対して
まぁ、相変わらず減らず口の父親でした。

落ち着いているし
付きっ切りでいる必要もなく
一泊して帰宅しました。
次は下旬に様子を見に行こうかな、
と思っていた矢先。

夜中に親戚より危篤の電話があって
慌ててその朝、駆けつけた次第です。

息は荒く、ものを言うのも辛そうで
そのまま病院へ付き添い一夜を明かしました。


この時、頭を過ったのは・・・
まぎれもなく二年前に亡くなった母、、養母の事です。

元夫婦です。

同じように施設で転倒して病院へ。
また同じように荒い息で。




翌朝には落ち着いたので
仕事も替わって貰ってるし取りあえずは
また帰りますと。
一日置いて、息子が休みだったので
二人で日帰りを決行。
父の養子になってますし
やっぱり何かあったら、、との思いもあったので。

その時には個室から四人部屋に戻っていて
長い話は出来ないものの
私の問いかけに
「ばか・・」と ((+_+))

なんじゃ、そりゃ!

三回言われましたよ。
今となっては父からの最後の言葉でしたけどね。




状況的には何が起きてもおかしくないとは言われましたが
緊急で、、という事もなさそうだと。

元気になると、
また口やかましい事言いだすわいと、
そう信じたい気持ちがあって。

ウトウトしていたので
言葉もかけずに病室を後にしました。



その二日後。



息が浅くなってますの連絡と。
慌てて実の兄に連絡をいれて。



数分後には・・・
間に合わなかったと連絡が入りました。











その後。



葬儀の事から
葬儀後の事から
色々と・・・

人、ひとりが亡くなって
結局お金の問題が残りました。

人の気持ちは
こういう時にわかるものです。


直後から「お金問題」です。






鬱陶しい問題ですけど。
落ち着くまでにまだ少し・・・
少しだけで済むならいいですが・・・
時間はかかりそうです。


遺影と先祖の位牌と。
毎日向き合い
物言わぬ父と睨めっこww




ただ、父は幸せだったと思います。
二度目の奥さんとは
本当に平和で幸せな日々を送っていたと思います。

自分以上に口煩い娘ですが
これからずっと娘の傍に居続ける事。
元・妻の遺影のある部屋で
心安らかに穏やかに
過ごしてほしいと祈っています。


お父ちゃん、ありがとう。









コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星